• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Google Places Icon

代表理事

理事

理事

理事

理事

理事

理事

竹内太一
勝川俊雄
松本好司
斎藤政宏
中野里陽平
青木信之
小暮義夫

石倉悠吉

小野二郎

熊谷喜八

中谷元

服部幸應

藤尾秀昭

細川律夫

三隅説夫

茂木陽一

渡邉美樹

銀座料飲組合理事長(つばめグリル社長)
すきやばし次郎
料理人(キハチ創業者)
衆議院議員(元防衛大臣)
服部学園 服部栄養専門学校校長
致知出版社社長
元厚生労働大臣・弁護士
NPO法人広報駆け込み寺代表理事
世界を釣る釣り人(プロショップMOGIオーナー)
ワタミ創業者・参議院議員
竹内太一
勝川俊雄
松本好司
斎藤政宏
中野里陽平
青木信之
小暮義夫
岡田久典
久保幹太
竹内成雄
中野里陽平
廣松慶久
藤尾秀昭

(代表理事)
(理事)
(理事)
(理事)
(理事)
(理事)
(監事)

㈱西友執行役員副社長


㈱テレビ高知専務取締役


㈱升本フーズ取締役会長


㈱四国銀行執行役員東京支店長
土佐魚類㈱
㈱丸三


リアルフィッシュ営業支援コンサルティング代表

 

金山 亮
井上良介
塚本光伸
熊沢慎一郎
森島将夫
岡内啓明
河口真理子
佐野秀樹

役員

賛助会員(敬称略)

野村直史
長山一夫
細川律夫
長山宏
吉田正史
櫻田勝彦
平木英夫
野本良平
渡邊英行
和田 一彦
吉村啓一郎
蓮沼啓一
脇口光太郎
羅本礼二

㈱四国銀行取締役頭取

㈱春美代表取締役
元厚生労働大臣・辯護士
公認会計士
公認会計士
㈲櫻田代表取締役
アサヒビール㈱外食営業第3部部長
㈱柿安本店 事業戦略室室長

㈱ヤマス 代表取締役

㈱亀和商店代表取締役社長
富士通㈱   地域新ビジネス推進室長
㈱海洋総合研究所
㈱ヤマサ脇口水産
ミツイワ㈱

 

法人概要 |Corporate Overview|

顧問

日昇漁業㈱代表取締役

旭食品㈱代表取締役

㈱玉寿司代表取締役

土佐鶴酒造㈱代表取締役社長

㈱致知出版社代表取締役社長

正会員(敬称略)

稚魚や幼魚に至るまでの乱獲により、今まで普通に食べていた海の幸が次の世代では食べられなくなる可能性が極めて高くなっています。

日本の食文化とも言えるニホンウナギについても、絶滅が危惧され始めるまで消費者には知らされない状態が継続してきました。

また、ニシンやタラのように水産資源が乱獲され尽くした後に漁業を停止しても資源が再生しないことは、国内外の事例から漁業関係者の間では知られています。

日本の沿岸では、捕獲が厳しくなってきている魚種や、魚がとれる漁場がだんだんと遠くなっている魚種もすでに存在しています。

このことは漁業コストが高くなる原因であり、漁師の生活を厳しくしています。

これらの問題解決を行なうためは、海の幸を獲り尽くす前に手を打つ必要があるのです。解決する手段としては、水産先進国が当たり前におこなっている資源管理(魚種別のサイズ制限や漁獲枠の設定など)が必要です。

この漁獲規制は短期的な漁業収入の減少をもたらしますが、「持続性を考慮した消費活動の促進」によって、長期的には漁家経営を豊かにしていくことが可能です。

未来に日本の食文化である漁業資源を残していくことは漁業の再生であり、漁村山村がある地方での生活を豊かにすることに直結し、地域経済の再生と活性化につながる有効な手段となります。

これらを実現するため、魚の消費や流通に関する全ての段階において地道な啓蒙活動をおこないながら理解を求めていくことが必要になります。

そこで、私たちは、日本の海の幸を未来の世代に残していくために、消費者に海の現状を知っていただき、持続性を考慮した消費活動の促進をおこなう団体が必要と考え一般社団法人「海の幸を未来に残す会」の設立に至りました。

設立趣旨

シーフードチャンピオン

イノベーション部門

ファイナリスト